2012年02月18日

季節の日本文化

a6f846be.jpg
只今、開催中のおもてなしに出して喜ばれている桜餅ですが、二種類ありまして一般的な長命寺と道明寺桜餅があります。

長命寺は、桜の葉包んで中がこしあんと餅米の粒が残っている感じの餅で中が粒あんになっている道明寺桜餅の二種類が一般的な桜餅らしいです。

桜餅でも長命寺は、おもに関東、東北、山陰地方で食べられ道明寺は、近畿、西日本、北陸、北海道で食べられるとの事です。

季節を感じさせる和菓子文化も凄い職業で是非とも残したい職人芸です。


kimonomaster at 15:55│Comments(0)TrackBack(0)日々の生活 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別記事一覧